リフォームの基本

部屋

住宅リフォームをする人が増えてきています。リフォーム自体は今から50年ほど前からいありましたが、住宅会社の数も今よりも少なく、そこまで世間には浸透していなかったようです。 リフォーム工事をする場合でも、部分的にリフォームする場合と柱だけを残して全面的にリフォームする場合があります。 前者の場合は床だけの修復や外壁だけの修復などですのでそこに住みながらリフォーム工事をしてもらうことも可能になります。 その一方で全面的にする場合は柱だけを残してリフォームをするのでそこに住みながらするのは難しいです。全面的にする場合、色々とこだわりを演出したくなるものです。ただ、あまり懲りすぎると新築を建てるよりもお金がかかってしまいます。

リフォームには類似のものがあります。類似のものを知っておくことでその工事の選択の幅が広がるでしょう。 具体的には、類似のものとしてリノベーションがあります。リノベーションは家を大改造してもとある形よりも進化させることでより付加価値が高いものに仕上げます。 例えば、1階にあるリビングやダイニングの日当たりが悪い時に、ちょうど南側の天井の一部をぶち抜いてしまい、しかも南側の2階部分に大きな窓を付けることで、リビングやダイニングが一気に明るくするという工事です。 それ以外でもリノベーションは中古のマンションを購入して人に貸す場合、そのままの状態だとなかなか売れないということが考えられますが、リノベーションをすることで、付加価値が上がり、売れるようになった例がたくさんあります。